サイト引っ越し中。 - 2016/12/08

有料レンタルサーバ移行、独自ドメインを取得し、CMSで徐々にサイト構築しつつあります。あります、というのはまだ未完成であるからです。表示してるのはせっかくお金かけてるのでもったいないから。
レイアウトはとりあえずこれでほぼ完成なので、コンテンツを充実させたいところですね。404エラーとか。
作成:2016/12/08 更新:2016/12/08

同人サークル年表 - 2016/12/03

2011/12/31 サークル「w&w」として合同誌に参加
2012/8/12 「w&w」で合同誌参加

以下一人サークル『トリロバイツ』として参加
12/31 コミケット83参加 オンデマ本「うろゆめ」、磁器製グッズ
2013/2/17 同人誌交流会C-3参加 エッセイ本「虫のごった煮」,ラバーキーホルダー
5/5 コミティア104 4コマ集「四コマの鍋」
5/26 第十回博麗神社例大祭 霊夢×チルノ本
8/12 コミケット84 窓付き本頒布
10/27 COMIC CITY SPARK8 火星ピクニック2 既刊
2014/6/22 CC東京134 火星ピクニック3 ゆめにっき本「エフェク闘」頒布
8/15 コミケット86 金曜日 東地区 "V" ブロック 36b .flow本「.sinking」頒布
8/31 ALL STAR2 プチオンリー「マキシムトマト収穫祭」 東2ホール ウ16b イラストアンソロジー「集まれ!オリカビ」頒布
2015/3/15 HARU COMIC CITY 20にて アンソロジー「オリカビ大全」頒布
8/30 ALL STAR3 アンソロジー「オリカビ百科」擬人化カービィ本「ギカビボン」頒布

サークル『とりろびってん!』に改名以降の参加
2015/11/15 COMITIA114 イラスト本「Chumist in Paradox Constraction」頒布
2016/9/30 ALL STAR4 「ギカビボン2」FWDS本「そんな顔をしてもダメです!」頒布
作成:2016/12/03 更新:2016/12/23

ドイッチュラント旅行記 - 2012/04/04

※過去ログです

3月14日~31日までドイツに行ってきましたよ。というわけでその間の日記を綴ろうと思います。といってもクロッキー帳に書いたものを清書しただけ。途中途中で追記してるので文体が変わったりしてます。
ちなみに私は独語はほとんどできなくて、カタコトの英語、HalloとBitteとDanke、そして無愛想なMr.ビーン状態で乗り切りました。街でちょっとまごついてる様子を見せると、誰かが「May I help you?」と声をかけてくれるので、旅行者には優しい国です。
画像はカーソルを置くと説明が出ます。

3/14
日本出国の日である。機内で映画みたり寝てたりしたらいつの間にか飛行マップがドイツ語表記になっていて、自分の語学力が心配になった。
4時ごろフランクフルトに着く。中央駅までは同じ飛行機だっただろう日本人3人と電車に乗っていった。
ユースホステルでチェックインし、すぐさま寝た。

3/15
フランクフルトを流れるマイン川
ホステルで一緒の部屋になった日本人とちょっと話をした(ケルンのYHが綺麗だとか)。
九時ごろから市内を散歩しつつ、大聖堂を見学。昼過ぎから急に暑くなる。祖母がドイツは寒いからというので着込んだが、無用だった・・・。
次に現代美術館でアンディーウォーホルなどの展示を見る。コンセプトなんてよく分かんないが不可思議な雰囲気で楽しめた。StopingMindにすげーびびってた。
駅に行ってジャーマンレイルパス(10日有効)を買う。ぞんぶんに有効活用したい。
ユダヤ人街記念館を見たがドイツ語が読めないのであまり面白くはなく・・・。石造りの建物跡が迷路っぽい。横にあるユダヤ人墓地も覗いた。中は入れない?ようだったが、すきまから見るにボチボチ墓がたっていて、鳥も鳴いているしのどかに見えた。なんともいろいろ感じて、ちょっとしんみりしたのであった。
ユダヤ博物館にも寄った。たくさんの展示はともかく、内装も豪華だった。さすがロスチャイルド家だ。
応用工芸博物館も面白かった。1.5cmくらいの豆本などいろいろ見れる。なぜか最上階の特別展で現代日本のデザイン品、広告(ソフトバンクとか)などが展示されていた。せっかくドイツを満喫しようと来たところにこれは…ちょっとガックリした。
伊万里や大仏なんかもあったよ。

3/16
足が痛いのと疲れたのとケータイの充電器を忘れたのに気が付いたため、デパートに向かう…が、ガラケー用はなかった。ケータイの電源が完全に切れた。しかたないのでカメラで時間を見ることにする。(時計買えよ)
デパートの前でキティーちゃん(着ぐるみ)を見る。結構人がたかってた。

3/17
ケルン、大聖堂Dom内部
天気が悪く、多少雨に降られた。鉄道にちゃんと乗れるか心配であったが、無事乗れた。
ICEでケルンまで行き、大聖堂を見る。やたらでかい。ステンドグラスがきれいだった。次にボンで降りてドイツ連邦共和国歴史博物館を見る。
帰りのIC特急で外を眺めているとときどき城壁に囲まれた街が見えて面白い。

3/18
ローテンブルクの城門
ヴュルツブルグに行き、レジデンツを見る。写真禁止だそうでスタッフに止められた。でも開館直後だったからかほとんど人がいなくて撮ろうと思えば撮れたな。緑の間が好き。
さてローテンブルグへ。ガイドブック(地球の歩き方)を参考にRBでスタイナッハで行って・・・と思ったら工事中らしくマルクトブライト?からスタイナッハまでバス移動だった。バスに乗るととても観光してる気分になるね。スタイナッハからはまた電車でローテンブルク。
ローテンブルクの駅は門外のため、ちょっと歩いて町へ。門をくぐるとそこは昔話。すっげー。中世のドイツってこんなかな。
中世博物館を見学。日本語で書いてある解説もあった。レストランや後述する人形博物館でも日本語表記あったので、さすが観光地だな。人形博物館では、ショップでもミニチュアのオモチャが売っていた。
フランクフルトに戻った頃にはずいぶん暗くなっていて、マイン川に映る夜景がきれいだった。

3/19
フランクフルトを離れて、4.5時間かけてドレスデンへ。で、ガイドブックに書いてはあるがその地図には載ってないホステル探しに1時間迷って軽くべそかきそうになった…。エウロパの通り表記よくわかんないよ。途中で測量してたにーちゃんたちに聞いてどうにか着く。このYHは落ち着いたところでイイネェ。マイセン行こうと思って電車乗ったら結構時間がかかり、着いた頃には陶磁器工場は開いてなかったので引き返すことに。

3/20
エルベ川の方へ向かっていき、アルテ・マイスター美術館と陶磁器コレクションを見る。新美術館はところせましと大作が置いてあり、見ごたえがあった。陶磁器コレクションには日本の伊万里や陶人形もあったが、展示方法が方法なので、落ちたりしないかと地震大国出身はおもった。くっつけてあるだろうけど。
駅前にでかい電気店があったので懲りずに充電器を探したがやっぱりない。う~んガラケーだもんなあ。イポンにしたい。

3/21
ソビエト戦勝記念碑のT-34ブランデンブルグ門
ベルリンに到着!YHで5泊するっつったら受付のにーちゃんねーちゃんに「おまえ5泊もすんの!」みたいな顔された。で、6月17日通りを通ってウンテン・デル・リンデン(どうでもいいけど、この言い方好きなんですよ)へ…とおもったらティーアガルテン沿いにT-34が視えるじゃないかああ!!ここなんだよ、え?ベルリン攻防戦?っときの?殉職した兵士の追悼碑?ううう、地球の歩き方に載ってnicht。
それからブランデンブルグ門をくぐる。なぜかダースベイダーいたよ。きょろきょろしながら歩いてたら後ろの方から「ニホン!ニホーン?チャイニーズ?」と声かけられたのでびびって早足で門を出た。そして南のほうへ行きユダヤ人犠牲記念館をチラっと見てテロのトポグラフィーを見る。うーん、跡しかないね。写真いっぱいあるね。外の展示はちょっとだけ見た。
(2016年追記)この日歩いていて衝撃を覚えたのが、日本でよく見るタイプののぼりがないことだった。当然と言えばそうなのだが、日本では当たり前すぎて独自(もしかすれば中国や韓国にもあるかもしれない)だということにこの時気づいた。

3/22
アンペルマンカップ
ティーアガルテンをのんのんと歩いてジーゲンスゾイレを通りつつ、バウハウス展示館を見る。
ショップではデザイン品も売っており、それなりなお値段してる。しかしベルリン広いな。感覚としては、東京の間隔を2,3倍に拡げた感じ。地下鉄はジャーマンレイルパスが使えないのでできるだけ使わないようにしたかったが、こっからシャルロッテンブルク宮殿まで歩くの無理…。券の買い方わかんなくてベトナミーズと思わしきおばさんに代わりに買ってもらった。宮殿のオーディオガイド(無料)に日本語もあったので借りたけど、あれ展示に集中できない。さてまたUバーン(地下鉄)に載ってフリードリヒ通りで降り、博物館島へ。ペルガモン博物館はなかなか広々としてて面白かった。そのあとウンテルデンリンデンを通りベルリンミュージアムでアンペルマン(東ベルリンの信号機に書いてある奴)のコップを買ってホステルに帰る。

3/23
収容所の門ヤークトパンサー
よーし今日はパスを存分に使うぞーと、中央駅からオラニエンブルクへ行き、ザクセンハウゼン強制収容所跡を見る。案内板に沿っていけば行けるので地図音痴に優しい。それにしても早めに来たはずなのに団体客多いなあ。やなんだよ、特に学生の団体、それも男子。すれちがうと時々声かけられるのだ。昨日も小学生であろうガキに「ホニャララホnyラララスキヨ!」ってすれちがいざまに言われるし。そんなにチビのアジアンが珍しいか、ナメやがって。
それはさておき、次にオストクロイツからの近郊電車S3でカールスホルストへ行き、ドイツ・ロシア博物館へ。こっちは打って変わって人いねー。もっと言うと私とおっさん一人しか客いなかった。博物館の外にはT-34、ビニール掛けられてたけどヤークトパンサーなど置いてあったよ。
帰るついでにオスト駅で降り、イーストサイドギャラリーをチラっと見たが特に面白くなさそうなので全部は見ないことにして、壁博物館による。人で混み過ぎて流し見状態だった。チェックポイント・チャーリー周辺の露店で耳当て付き帽(なんていうのアレ)をおみやげに買った。

3/24
鉄道陸橋の下にて、弾痕がいっぱい
昨日ホステルに戻ってから鏡で顔を見たら幽鬼のようになってたので今日は駅の近くだけ散歩してあとは休もう、と思って森鴎外記念館を尋ねたら土日祝日は休みだって。なんとなく損した気分になりつつ駅でカリーヴルスト食ってホステルでゴロゴロして、午後はDDR博物館へ。東ドイツの当時の品物に触れる。ついでに壁博物館でも気になってたトラバントのミニカーを買ってしまった。昔の車は趣があって良いネェ。今の車はかわいげがない(※あ個人の感想です)。あと妹のおみやげにご当地Tシャツを買う。ところで「MezoMiz」なる炭酸飲料(コーラとオレンジミックスらしい)を飲んだが、なんだこれ…類型としてはドクペ。微妙飲料。

3/25
今日からサマータイムである。ポツダム広場に行って絵画館を見学。たくさん展示があるので見てまわるだけでも疲れる…目が。そしてチケットはこのあたりの博物館全部で使えるそうなので新ナショナルギャラリー、楽器博物館を見る。カメラの容量がイッパイになったので、ツォー駅の近くにあるデパートで買おうと思ったら閉まってた。日曜だもんなあ、せっかくここまで歩いてきたのでツォー(動物園)自体は見ないが付属の水族館で休憩する。水族館はいいね。タノシイネ。

3/26
U-434内部
ハンブルクに着く。霧が出ていてすごく寒い。さすがに北だなあ。しかし昼頃には多少暖かくなった。
ガイドブックに載ってたYHをあてにしたら人でいっぱいだし、断られた。受付のイケメンにーちゃんの八重歯がやけに印象に残った。インフォメーションセンターで他に安宿がないか聞いて、駅徒歩1分もかからんとこにチェックイン。ただ2時までベッドの空きがないそうなので、暇つぶしにエルベ川までいってUボートの中を探検。狭くていいね。でもマネキン置くのはやめてほしいなあ。びびるって。あとカメラ用のSDカード買った。

3/27
戦車を洗車中
昨日から泊まり始めたこのホステルは、2段ベッド、男女混合の6人部屋なのだが、不運なことに私の下のベッドのおっさんのいびきがうるさすぎる…。真夜中にアラーム3回も鳴らしてくれるし、早くチェックアウトしてくんないかな。だが熟睡はできた。
7:57の電車に乗って一回乗り換え、ムンスター戦車博物館へ行く。わあー、戦車を洗車してる。私は3分の一このためにドイツへ来たといってもいい。もう三分の1はナチ関連な。写真をぱしぱし撮りつつ、あー乗ってみたいなあと思いながら進んでると迷彩服の男女の団体にはちあう。軍学校?の人かなあ。さて二週目行こうかと思ったが、人が多くなってきたので帰る。しかしティーガーがないのか…キングティーガーはあったけどね。駅に軍服きた若いにーちゃん二人組がいた。そーいやどっかから砲撃っぽい音聞こえてたし、このへん基地でもあるんでしょうかね。あとで調べよう。あとアルスター湖の周りをちょっと歩いた。

3/28
ANA旅客機模型ノイエガンメ強制収容所跡 郊外にある
ちょっぴり早く起きてハンブルクカードを買いに行こうとツーリストインフォメーションに行ったら9時開きで、一時間待たされた。気を取り直してとっととミニチュアワンダーランドに行く。すでに混雑してた。人気だな。でもさすがによくできている。特に制御室で見れる電車視点のカメラ映像がまるで本物のようであった。
次に美術工芸博物館へ。古代ローマ~日本の現代作家までとりそろえてあって見ごたえあり。そのまま中央駅を挟んで市立美術館へ。Ellen Norld?の風景画が好き。
そしてノイエガンメ収容所跡を見た。ハンブルクに戻ってもまだ全然時間が余っているのでハーゲンバック動物園付属の水族館へ。はじめのほうにリスザルがいたり、水槽も雰囲気のある展示だった。帰りに腹がへったのでカレーの売店に寄り、タイ米でいただく。しかしなぜ店名が「MANJU」なのか。日本も中華料理屋に「バーミヤン」だし、いいか別に。

3/29
新市庁舎 グロッケンシュピール
ミュンヘンへ6時間かけて行く。日中ほぼ曇りであった。ホステルに荷物を置いてすぐにモダン・ピナコテークとノイエ・ピナコテークを見る。飯を食いつつ歩いてたら日本料理店のバイト募集張り紙に「ワーホリ・学生可」と書いてあったのを見る。もうちょっと歩いているとちょうど新市庁舎の時計の人形仕掛けが動いてるところが見れた。
通りにはアコーディオンなどを弾く辻芸人たちがいて、ああエウロパらしいなと異国情緒に浸るのであった。
夜はカリーヴルストを食べる夢を見た。ドイツで強く印象に残ってんのそれかよ…。

3/30
カタツムリ旧ガス室
ミュンヘンを発つ、ついでにダッハウ収容所跡を見る。ガス室の前でカタツムリ発見。
そしてフランクフルトへ。チェックインを済ませなにをするでもなく寝た。

3/31
9:30までにチェックアウトだが、5.6時くらいに空港へは行けばいいので、あとの7,8時間どうしよう…。
とりあえずゼンケンベルク自然博物館をみる。ヨーロッパ最大ということで、2時間は潰せる。次にフランクフルトのツォーへ。あれ、ここ、ロッカーない…?ホステルに荷物預けてくれば良かったな(アホ)。小さいがアクアリウムがあったのでそこで一時間ぼーっとする。
ところで中央駅からツォーまで直通のSバーンはないので、路線図もろくに読めない私はUバーンを経由したが、実はSバーンで多分15か16番のHauptBahnHof→Su"dBahnHof行きで乗り換え、そっから14番で行けば良かったのだった。帰りはその逆を行った。くそ~Uバーンはパスが使えないので金原っちったよ。電車に乗って街を眺めていると公文の教室を発見した。
ドイツにもあるんだな。だいたい時間もよくなったので空港へ。まあここは慣れてるから特に何もない。売店で売ってる飲食物がやけに高い。
機内ではひたすら麻雀やってちょっと映画見てた。寝ないまま4/1になってやっとこさ帰国。


とまあ、そんな感じでした!いろいろ細かいことを発見?したり勉強になったりしたので、皆も外国に行くといいよ!
次は海のよく見える国に行きたいなあ~イギリスとか。ボービントン戦車博物館あるし。
作成:2016/11/18 更新:2016/12/04

地震れぽ - 2011/03/12

※過去ログです

書く意義はないのですが、一応ネタになるなということで(笑)

昨日3時ごろ強い地震がありましたね。
家がある場所では震度6だったようですが、そのときちょうど私は上野駅に着いたばかりの電車の中でした。
駅からでたあとは、たしか5時くらいにはすでに「駅構内に入るのを禁止します」とシャッターが降りていて、しかたないので近くの東京文化会館に避難しました。大勢の人で混雑してました。遠足で来ていただろう幼稚園児など。
中のホールは開放されていましたが、高齢者、幼児最優先ということで自分は床で寝てました。親に連絡しようとも帯帯電話がつながらない。そして電池切れ。床で寝ようもほどんど寝れない。
深夜には東京メトロなど一部線がなんとか運行して、新宿にいた父が心配して私の所まで来てくれました。
館内のテレビで見た東北地方の火災、まるで地獄のようでだいぶショックでした。

2日目、JRが動き出したのはいいが、あまりの混み具合に諦めてホテルを取る。母や妹にやっと連絡。父は「明日の朝帰ろう」と言うが、私は帰りたくてしょうがない。八時頃ホテルを出て、なんとか座って電車に乗った。

家に入ると思ったより散乱していた。自分の部屋。

昨日本棚片付けたばかりなのに。でもそんなに普段と変わらない気もする。

台所が一番危ない。電子レンジが落ちていたが、片付けやすいよう妹がわざとどけたらしい。

仏壇が倒れる。開き戸が壊れたらしい。

液晶TV半分死んでる。
作成:2011/03/12 更新:2016/12/16